グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  事務局ブログ >  ふじのくに福産品のお野菜食べてみた!

ふじのくに福産品のお野菜食べてみた!


ふじのくに福産品の‘お野菜担当’と言えば、「就労継続支援B型事業所 ミストラル」と「すこやかファーム湖西」です!
*2021年度事業として公開した記事の再編集です。購入時期により内容が大きく変わりますのでご了承ください。

我が家にとれたて野菜が届く!それがお野菜BOX

畑直送だから新鮮でおいしい!そして、その季節に採れた野菜だから旬の味覚が届く!箱をあける瞬間に何が入ってるかなーとドキドキできるのもお野菜BOXならではの楽しみです。届いたお野菜をスタッフで実食してみました!

採れたて野菜だから、いつもより余計にお料理が楽しくなる(気がしました)

三島から、湖西から、ダンボールで届いた野菜をスタッフが調理してみました。料理に自信がない方は今時代、クック〇ッドをはじめとした便利なレシピサイトがあるので検索すればメニューがズラリ!普段料理しない方にもおすすめです。野菜嫌いなお子様も、ダンボールで届いたお野菜を自分で料理したら、野菜好きに変身するかもしれません。

短時間で数多くのメニューができました♪

結構なボリュームのお野菜が届くから、食卓が野菜で彩られます!みんなで食卓を囲んで楽しんでくださいね。以下は、スタッフの料理から、いくつか抜粋して紹介します。

「しいたけヤマトくん」とは、三島から届いた肉厚しいたけの商品名。1年中出荷できるらしいので、時期を問わずしいたけが食べたくなったらぜひお買い求めください。いろいろ調理法はあると思いますが、スタッフの中では肉詰めが一番人気でした!

赤軸ほうれん草はサっと茹でて、その他の野菜と一緒にナムルにしました。野菜の味もいいのですが、何よりおすすめは野菜のシャキシャキ感!食感を楽しみたい方におすすめな食べ方です。

最近スーパーで見かけるようになった「生きくらげ」は、てんぷらや湯がいてお刺身もおすすめ♪ スタッフが選んだ調理法はアヒージョ!普段自宅でアヒージョはつくらないのですが、生きくらぎをいかす調理法であることは間違いありません。ぜひお酒の肴にも。

水菜は野菜のおいしさをシンプルに味わうためにサラダにしました。新鮮な野菜はどことなく甘味を感じますし、食感もいいです。あとはみなさんのお好みの方法でお召し上がりください。

大学芋は少し多めの油で焼く感じで調理しました♪ そこへ市販の大学芋の蜜をかけるだけ。たったそれだけの料理なのに、スタッフ一同「これ、売れるじゃん!」・・・って、おいしさにびっくりしました。

当初はこのスープ予定になかったのですが…、三島と湖西の野菜が余りそうだったので良いとこどりして、コラボスープにしました!段ボールいっぱいのお野菜も、こうやって余すことなく使えるから、有効活用しましょう!

お野菜BOXを販売している店舗はコチラ

ミストラル紹介ページへGO

すこやかファーム湖西紹介ページへGO

下記、ご注意くださいませ。

  • 野菜Boxの商品の中身は、季節により異なります。各事業所のショップにてご確認ください。
  • 上記は夏場に購入した商品を使っています。あくまでイメージとなりますのであらかじめご了承ください。
今回おすすめした商品のほか、全30店舗を超える福祉事業所の‘ふじのくに福産品’を紹介しています。詳しくは【しずおカ・エールマルシェ(ふじのくに福産品オンライン販売ポータルサイト)】をご覧ください!